2022年12月5日月曜日

荒野に希望の灯

   12月4日、今から3年前のこの日、中村哲さんがアフガンで銃撃され死亡した。
 だからというわけではないが、私は劇場版『荒野に希望の灯をともす』を観に行ってきた。
 知っている話ばかりでも、心が洗われる感じがした。ワクチン接種後の副反応を押して出かけてよかった。

 改めて感じたことを書くと、中村哲さんはクリスチャンだったが、アフガンの復興のためにと、学校とモスクを建設した。映画で観ても非常に立派な建物だった。
 モスクは、ムスリムの心のよりどころであるとともに、いわば大きなコミュニティーセンターなのだ。
 自分たちの村をどうしていくかは村人が相談し合ってこそホンモノになるのだと思う。そのための「場」なのだった。

 日本人を含む先進国の人々は、それ以外の国々を「遅れた国」といい、「こういうことが正しい答えだ」と「押し付ける」が、そんなことが上手くいかなかったことは中東でもアフリカでも証明済みだろう。答えはアフガンのその地域にあった。

 現在、私はプーチンによるウクライナ侵略の悲惨な状況をニュースで見ている。
 日本国内で平和裏にプーチン批判の声をあげていても時に虚しくなる。
 しかし、アフガンは大旱魃で飢饉の時代に、アメリカと有志連合による空爆を受けていた。
 その下でも中村哲さんは、灌漑工事を「虚しい」とは言っていなかった。
 クリスチャンである中村哲さんが天台宗でよく語られる「一隅を照らす」という言葉が好きだというのも心に響く。

 今、日蓮の教えを自称する人々の政党が「反撃能力」という言葉を使いながら「敵基地先制攻撃能力」のために軍拡・軍事費倍増政治の片棒を担っている。
 なんというこの落差、中村哲さんに共鳴するだけにふつふつと怒りが湧いてくる。

2022年12月4日日曜日

免疫のこと

   写真の本は職業生活の現役であった頃、疾病の業務上外について考える上で参考にしようとに買ったものだが、コロナ時代以前に読んでいて悪くはなかったと思っている。
 もっと言えば、この本は読み返してみるとコロナ時代を予測していて、もっとしっかり読んでおけばよかったと反省している。

 そんなもので、この土曜日、第5回目のコロナのワクチン接種を受けてきた。
 ファイザーやモデルナのワクチンを詳細に検討した訳では全くないが、総論として、ワクチン接種でウイルスに対抗しようという理屈は正しいと考えているからだ。

 さてさて、14世紀にヨーロッパの人口の3分の1を奪ったペスト大流行の際、患者の世話をしたり死体の始末をした修道僧の中に、ペストにかかっても症状が軽く済んで、その後二度とペストにかからなかった人たちがいた。「神の恩寵(おんちょう)を授かった人たち」とあがめられたという。

 18世紀に天然痘が大流行したときも、なぜかその惨禍から免れていた人たちがいた。
 牛痘という牛の伝染病にかかったことのある乳搾りの女性たちだった。

 「織田がつき、羽柴がこねし天下餅」を真似すれば、「ジェンナーがつき、パスツールがこねしワクチン餅」の誕生物語のことである。
 …ということで、私はワクチン陰謀論には組せず、第5回目を受けてきた次第。

 この本は、「21世紀のペストは必ず来る」「その病気が何であるかは誰も知らない」と書いている。それをわれわれは現実に見ているのだ。だから、この現実を記憶し記録しておこう。

2022年12月3日土曜日

牽牛花

   万葉集の山上憶良の詠める歌二首
 
 「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」81537
 「萩の花 尾花葛花(くずはな) なでしこの花 おみなえし また 藤袴(ふじばかま) 朝顔の花」81538

 「ここの朝顔は桔梗である」とする牧野富太郎氏らの有力な意見があるが、今日のところは深入りはせず、普通に「秋の七草」にしておく。もちろん、朝顔は秋の季語。

 ただ、朝顔に限らず季語は全て旧暦によるものだから、七夕の頃に咲くから牽牛花であることと矛盾はしない。

 しかし、この写真の「西洋朝顔」はそれらの常識を乗り越えて、まず、一年草ではなく多年草。そして、吹雪や冠雪のたよりを聴きながら咲いている。
 写真は地上から緑のカーテンを作った上で2階のベランダで咲いている。ほゞ半年間咲いている。

 寒風に咲いているこの風景はなかなか常識的な目には納得しがたいようで、「その花は何ですか?」と問われることもしばしばある。「事実は小説よりも奇なり」とはよく言ったものである。

 元の普通の朝顔について、昔、東京は入谷の朝顔市に行ったことがあるが、大層な規模のものだった。
 三大道楽と聞いて、呑む、打つ、買うは凡人で、江戸の下級武士たちは釣り、骨董、園芸に打ち込んだらしい。その園芸(品種改良)の雄が朝顔だったらしい。
 武士といえば今でいう兵隊。日本の伝統を重んずれば自衛隊員は朝顔の品種改良に打ち込むべし。そんな自衛隊を見れば侵略してくる国もなかろうに。と夢を見る。

2022年12月2日金曜日

八咫烏(やたがらす)

   ワールドカップ日本チームのエンブレム(日本サッカー協会のシンボルマーク)が南紀の熊野三大社の八咫烏であるのは有名だが、古事記そのものには「三本足の烏」とは書いてなくて、「八咫」つまり「大きな烏」でしかない。
 それが三本足の烏となったのは、「太陽には三本足の烏が棲んでいる」という古代中国の神話を引継いだ道教に由来しているのだろう。
 もっとさかのぼれば、古代の世界では洋の東西を問わず「三本足の鳥(とり)」の神話があるというから、それを日本チームのシンボルにしているのも少しだけ恥ずかしい気持ちがするが・・・。
 まあ「日本人はアレンジをして仕上げるのが上手い」という評価?どおりだと笑ってスマそうか。

 ちなみに記紀では、八咫烏の道案内で熊野から攻め上ってきた神武は奈良の畝傍山で2月11日(紀元元年元日)に即位して建国したわけなので、途中に八咫烏神社があったり、吉野には八咫烏という有名な清酒があったり、橿原神宮には八咫烏のお守りもある。

 後半の話は古代史ではなく近世乃至近代史である。

 神武天皇陵の治定と橿原神宮の建立に関わっては未開放部落の強制移転があり、小説ではあるが、住井すゑ著『橋のない川』に出てくる。重ねて言うが、記紀神話の解釈も遺跡?も古代史ではなく多分に近代史、それも富国強兵、絶対天皇制を補強するための「改竄」を大いに含んでいることを忘れずに、あのエンブレムを見て応援してほしい。

2022年12月1日木曜日

クリスマスの季節

   孫の凜ちゃんはいろんな障害があって歌を上手く歌えないのだが、いくつかのクリスマスソングを楽しく口ずさんでいる。

 だから、イクジイの祖父ちゃんの家も、ちょっとは飾ってあげなければと、百均でいくつかのデコレーションを買ってきた。
 ツリーにつけるキラキラのボールも昔々はガラス玉だったが、今はプラスチックだ。割れないし安心だが、ガラス玉よりは地球環境によくないことはないだろうか。

 ちょうど玄関のヤマボウシが落葉したのでウエルカムサインのようになった。

 大括りでいえばニュータウンであった街は、街そのものがそのまま歳をとり、オールドタウンに差し掛かっている。
昔は、テレビで紹介されている街のようにイルミネーションが各戸に飾られたものだが、子ども達の声とともに、一つ減り二つ減りしていって、今はイルミネーションを探すのも難しくなった。

 イルミネーションに比べたら格段に地味だし規模も小さくなったが、イクジイがあるおかげで「年寄りだけなのに賑やかな家」になっている。

 実にちっぽけな行事だが、こんなこと一つひとつに向き合うと日常にメリハリが付く感じがする。

 使い古しのサンタを引っ張り出した。凜ちゃんはこれが大好きだ。

2022年11月30日水曜日

あれから3年

   2019年秋に近江の坂本に集ってから3年以上が経過した。わが退職者会の集合した行事である。
 
 私事で言えばその間に何回も病院のお世話になった。それは何となく私だけのことのようにも感じていたが、今般交流してみると、間違いなく誰もが重い3年を背負って潜り抜けてきた。

 振り返ってみて、コロナというのは酷い奴だった。その3年という時間の流れも残酷なものだ。
 いろんな反撃をせずに「嵐の過ぎるのを待つ」わけにはいかない。
 重症に近い体調でも参加してくれた友がいる。参加はできないがと記念品のポストカードを作ってくれた鉄ちゃんの友がいる。家でできたフェイジョアや旅行土産を持参してくれた友もいる。足の悪い参加者の介護を担ってくれた友がいる。

 複雑な気持ちもあるが雨天決行でよかった。
 一番元気を貰ったのは私だろうと思う。

 PS 読者の文芸・俳句欄に古い友人の名を見つけた。
   私は、この頃はどうも感受性が鈍っている。
   さあ、元気を出そう。

2022年11月29日火曜日

スポーツマンシップ

   五輪組織委員会と有力企業が寄ってたかって違法談合を繰り返していたと摘発されている。
 そのこと自体は後日、少しまとめて書く必要があると思っている。

 今言いたいことは、有力なアスリートたちが揃って口を噤んでいることの情けなさである。
 スポーツマンシップって何でしょう。
 フェアプレイのスピリットって何でしょう。

 ワールドカップ対ドイツ戦の前にドイツ選手が「口を覆って主催国の人権問題に不同意」の姿勢を表したことに、多くの先進国は賛辞を惜しんでいないが、日本だけは「スポーツに政治を持ち込むな」的なスローガンに隠れて、「スポーツ馬鹿」ぶりを発揮した。

 ならば、オリンピック、パラリンピックを嘘と金もうけで汚した今般の事態に、どうして「けしからん」の一言が言えないのか。

 ファンなるものもそうだ。ドイツ戦に勝った時は日本という国が世界一になったかのように発言し、コスタリカに負けたら「俺は知らん」みたいに振舞うのもいただけない。
で、私は敗けた日本チームにも勝ったコスタリカチームにもエールを送る。

2022年11月28日月曜日

なれたらあかん

   初代デジタル大臣を務めた平井卓也衆議院議員が代表を務める政党支部が、政治資金パーティー券1020万円分の購入を企業に求めながら、出席者は3人に絞るよう依頼していた。

 写真の「依頼文書」のとおり、「10人分購入してくれ」「来るのは3人にしてくれ」と露骨に書いていて、情報提供者の保護のため数字部分は黒塗りにされているが、その下には「お手元所有参加券番号(ご出席依頼人数3名分)NO.●●NO.●●」と記載さているという。

 10人ー3人で残り7人分の飲食代が浮いて儲かるという計算。
 
 実際、「励ます会」の収入は2447万円と収支報告書には記載されていて、参加費は一人2万円なので少なくても1238人分のパーティー券が販売されたことになる。
 ところが、「会場のホテルに取材すると、当日は感染防止対策のため立食パーティーではなく、メイン会場と映像中継でつないだ三会場に間隔を空けて椅子を置き、用意した座席数は計630席だった」と毎日新聞が報道している。
 
 とすると、少なくても608人は出席しなかったと推測でき、1216万円は寄附として会計処理しなければ虚偽記載となる。

 よって、神戸学院大学の上脇博之教授などが、平井議員ら2人を政治資金規正法違反の疑いで刑事告発した。
 以上、フリージャーナリスト・鈴木祐太のFBを参考に記述した。

 統一協会との関係といい、このような「政治とカネ」のことといい、安倍内閣以降の自公や維新の不真面目さは底なしの状況だ。
 新しいところでは秋葉賢也復興相の「選挙運動員買収」も出てきた。
 民主主義の敵はファシストでも何でもない、「民主主義の敵は無関心だ」という箴言があるが 〽なれたらあかん~なれたらあかん。


2022年11月27日日曜日

冬の楽しみ

   しんぶん赤旗が「冬の楽しみ」の投稿を募集したので雑文と写真を送った。

 たいした内容のものではないが、●冬の楽しみは孫たちとのバーベキュー。●斧や火打石で孫にも「達成感」が。●冬こそバーベキューの季節・・というもので、友人たちからも感想メールが届いた。

   話は変わるが、26日に近所でちょっとしたフェスタがあった(27日もある)。
 思いの外たくさんの人々が集っていて驚いた。
 わが家のバーベキューとは話にもならない大きな規模のものであったが、思うに、人びとは「お祭り」を待っていたように思う。
 写真は夜の花火。

 私も大いに関わっていた老人ホームの「夏祭り」もコロナ後中止が続いている。
 ああ、「雌伏」を続けているうちに「雄飛」の方法を忘れてしまいそうだ。

 冬のバーベキューを計画して、「集合して語り合う楽しみを思い出そう」と呼びかけようかと思いつつある。
 ご同輩の皆さん。「雄飛」を覚えておられますか。

2022年11月26日土曜日

秋の遠足バージョン変更

   先日のブログで「某放送局のラジオまつりが雨天になったのは日頃の徳が積めていない雨男がいたからだろう」と書いたが、わが退職者会の秋の遠足予定日も『雨』の予報である。
 「あんなこと書くからや」と妻が笑っている。

 どこかのテレビ局の気象予報士ぐらい「降らない」と言っていないかとチャンネルを切り替えても無駄だった。元ネタの大阪管区気象台は優秀だ。

 さて、元々「小雨決行」と触れていた我が会の遠足だが、メディアの予報はどこも「小雨」というよりも「中雨」以上と言っている。そこで「中雨決行」で企画を修正しようと思っている。参加予定の皆さんには何卒ご了解をお願いしたい。※紛らわしいので早い話『雨天決行』です。
 また、「当初案では体にキツそうだったがこれなら参加できそうだ」ということで新たに参加というのも歓迎だ。ということで・・・・

 近鉄「生駒」駅までのアクセス等は変更なし。
 10時10分に「生駒」駅の一番大阪よりの西出口改札口集合も変更なし。
 集合後ケーブルカーの「鳥居前」駅に徒歩移動。10時20分発車だから少しだけ急ぐ。ここまでは変更なし。

 さて、元の計画では「生駒山上」までの切符を購入となっていたが、「宝山寺」駅まで¥290の切符購入に変更。PiTaPa は対応なし、現金のみ。
 10時25分に「宝山寺」駅到着。切符は渡す(当初は「生駒山上」までの切符を渡さないとなっていた)
 徒歩にて、雲海などを見下ろしながら(?)宝山寺(お寺)に向かう。
 ここから「宝山寺」駅からの往復とお寺の境内散策に55分あり。
 もし、物足りない強健の方は『奥の院』まで参拝する(健脚なら可能)。
 健脚ではない標準組は境内のみ参拝・散策。
 もちろん、御朱印、御祈祷、お守り等自由行動可。
 自分の財布でもって拝殿前の『巾着』をなでると金運ザクザク。信じる者は救われる。こんなことも可。
 11時までに、土産物店の和光殿に集合。名物「宝山寺味噌」など土産物種々あり。11時05分にケーブル駅に向けて出発。
 「宝山寺」駅にて切符¥290を購入して、11時20分に、帰路「鳥居前」行に乗車。
 近鉄生駒駅で「石切」までの切符購入(近鉄はPiTaPa可)。大阪方向行の電車(先頭あたり)に乗車。ただし特急と快速急行は絶対に不可。ということで11時32分の急行・難波行に乗車。
 最初の駅「石切」で下車、ホーム前方の階段を下る。
 石切駅から参道を散策。石切剱箭(いしきりつるぎや)神社参拝・散策。
 門前あたりの食堂で昼食・交流。
 最後は地下鉄中央線(近鉄けいはんな線)「新石切」まで歩いて解散。
 なお、新石切駅近くにスイーツの「シェ・アオタ」あり。私は「石切もちどら」(どらやき、5個入り¥1430を買って帰るよう妻から厳命を受けている)。
 雨なんかに負けないぞ!

2022年11月25日金曜日

輪っかでないリース

   以前、庭にユーカリを植えたことがあるが、思いのほか大きくなりそうなので恐れをなして引っこ抜いたことがある。
 ユーカリは青酸化合物を含みかつ消化が困難な成分を多く含んでいるので、哺乳類ではコアラとフクロモモンガ以外は食べないそうだ。
 そして(だから)、コアラは1日に20時間ぐらい寝て、その間に長い盲腸の中のバクテリアの助けを借りて消化して栄養源にしているらしい(池田清彦著『生物学ものしり帖』)。

 それほど効率の悪い生き方でも、他の動物との取り合いを避けるメリットの方が大きいということだろうか。
 このことだけで結論めいたことは言えないが、「進化論」は解らないことだらけだ。

 さてそのユーカリだが、相当強い香りがあり、それには主に呼吸器系の抗菌、抗炎、抗ウイルスなどなどの作用があるというから、その話の限りではコロナ時代の救世主に見える。ただし、だからといってオーストラリアの感染者数が低いと言う話も聞かないが・・・

 知人から、そんな話を添えてユーカリのリースをいただいた。クリスマスの飾りもついている。
 これでわが家には対コロナウイルスのバリアが張られたことになる。
 私がしばしばイベントに持参する「パカッと割れる」くす玉も、そのルーツは「薬玉」の名のとおり薬草のリースだったから、なにも驚くような情報ではない。

 ただこのユーカリの香りは、好き嫌いがあるだろうが少しキツ過ぎる。
 世はアロマ大流行りだが、わが家は参画していない。
 もしかしたら私は、様々な菌やウイルスに毒され過ぎているのでこの香りに馴染めないのかもしれない。

 


2022年11月24日木曜日

しろばんば

   井上靖の小説『しろばんば』の「しろばんば」は、綿虫のことらしい。
 幾らかの虫(種類)の総称らしいが、雪の降らないわが地方では雪虫というよりもやはり綿虫だ。

 写真は、スマホで撮ってパソコンで拡大したので、白いゴミくずみたいだが、普通に飛んでいる姿も全くゴミくずみたいだ。
 翅や脚や触角など普通には判らない。

 風の穏やかなときに何処からともなく漂ってくる。晩秋の風物詩だと愛でている。

 長閑にそんな感想を書いているが、ガスや電気やインフラを破壊されたウクライナにはどんな冬がやってくるのだろう。
 彼の地の子ども達が、「しろばんばだ」と呑気に語れるように祈るしかないのが口惜しい。

2022年11月23日水曜日

切火 カチカチ

   焚火(たきび)の季節がやってきた。
 焚火の際、近頃わが家では、孫の夏ちゃんがファイヤースターターで着火する決まりになっている。
 ファイヤースターターの原理は火打石だが、どことなく少しバタ臭いという感じがしないこともない。

 そういう火打石と切火(きりび)のことは、野鳥の尉火焚(ジョウビタキ)のことや銭形平次親分の映画を牽いて何回かブログに書いてきた。
 
   そもそもホモサピエンスは、火を手に入れたことによって他の動物と一線を画したという説には説得力がある。
 ギリシャ神話ではプロメテウスが天界の火を人間に与えたが、古事記では叔母ヤマトヒメがヤマトタケルに「火打石と火打金」を与えている。ということは、それ以前に火を使いこなしていたことになる。

 ヤマトタケルが焼津の野で焼き殺されようとしたとき、この火打石と火打金で草に着火して向火を放った。そのとき草を刈ったのが草薙剣(くさなぎのつるぎ)という例の話。

 そういう風に各種神話に「火」が登場するのも感慨深い。
 私は、最も古い世界宗教はゾロアスター教(拝火教)だと考えている。そして、その「火」を貴ぶ精神はその後の世界宗教などの精神に引き継がれていると考えている。
 だから現代でも、大きく大事な宗教行事に使われる「火」が、燧臼(ひきりうす)・燧杵(ひきりきね)や火打石・火打金もような、素朴な方法で着火されるのは単なる伝統や踏襲だけではないように思う。

 平次親分が出かける際。女房のお静が右肩の後ろからカチカチとやる切火も味がある。
 邪悪な者は神聖な火を嫌うのである。
 そんなもので今般、ファイヤースターターは持っているには持っているのだが、石英の火打石と火打金(火打鎌)を新たに手に入れた。「これは切火用で着火はできない」かのような説明だったが、十分に着火も出来た。

 上の写真のとおり、孫の凜ちゃんに切火をしてあげて、凜ちゃんの前途に邪悪な者どもの侵入がないようにお祓いをした。
 下の写真は、その火打石に興味を持った凜ちゃんが玩具代わりにカチカチと切火に挑戦したところ、まさか着火から火事にはならないだろうが、早々に取り上げた。

 「火遊びをしたら寝小便をする」と言われているが、元々夜中にトイレに起きるから火遊びも大目に見てもらおう。なにしろ神聖な火で遊んでいるのだから。
 天つ神 國つ神 八百萬の神たち 我が孫たちを守り給え 急急如律令(急急に律令の如くせよ) カチカチカチ。

2022年11月22日火曜日

まるで脂なべ

   「縁は異なもの」というような艶っぽい話ではないが、私は高校生の時分から友達とホルモン屋(今でいう焼き肉屋)に行っていたほどではあったが、どういうわけか今日まで「もつ鍋」とは縁がなかった。

 大層なポリシーがあって避けてきたわけではないが、「もつ鍋」がブームであった頃はミナミにたくさん「もつ鍋屋」が誕生したが、どこも若い女性たちが行列をなしていて、そこまでして並ぶ気もしなかった。そして、そのうちにブームも去って、私も疎遠になっていた。ただそれだけだった。

 先日、それが食卓に上った。
 「いっぺん食べてみようかと思って」と妻が生協で取り寄せたもので、写真にあげたものではなく醤油ベースのものだった。

 そして「もつ」は何だろうと覗いたら、それは「腸」だった。つまりテッチャンだった。スープは脂たっぷりで、テッチャンは、イメージとしてはすき焼き鍋に挽いた後の牛脂(ヘッド)みたいに脂の塊だった。

 私はというとすき焼きの牛脂を好んで食べる方だが、この「もつ鍋」の脂っこさには妻が降参の手をあげた。
 若い女性がこれを食べると「お肌がつやつや」かもしれないが、成人病を指摘されている身には時限爆弾に火薬を増量しているような気もした。
 「いやいや、こういう「もつ鍋」は美味しいよ」という話があれば教えていただきたいが、わが家の食卓には二度と「もつ鍋」は上がらないように思う。